名前を覚える

名前を覚える その2

名前を覚える記憶法その2です。

例えば、磯野さんという人を紹介されたとします。初めて会う人です。
さて、磯野さんと言えば、磯野貴理子さんかサザエさんの磯野一家の誰か。
まず、磯野貴理子さんを思い浮かべてください。
その顔を目の前の人の頭の上に貴理子さんの頭を乗せます。
しかも、まくしたてたりする喋りの声も一緒にイメージしてみます。
頭の反対側に貴理子さんの顔をくっつけて、ぐるっと首を回して交互に顔が見えるようにしてもいいでしょう。

次に磯野カツオを思い浮かべてみてください。
カツオと言えば坊主刈り。目の前の人の頭を剃って坊主刈りにしてみましょう。
もちろん、頭の中でです。

それでは、

こんな感じで

さて、どうでしたでしょうか。

2.絵と相手を重ね合わせる

これは何度も練習すると慣れてきます。
そして、これは他の記憶術でも使えるようになるので、この映像化のテクニックは是非自分のものにしてくださいね。
練習用のビデオも上げますので、記憶力アップさせたい方は是非トライしてみてください。
それでは!


貴理子さんが思い浮かんだのであれば、
磯野カツオが思い浮かんだのであれば、目の前の人を坊主刈りにしてしまってもいいです。

顔だけではありません。全身でイメージを作ってもいいです。
その方が、より一層頭にインプットされます。

例えば田中さんだとします。
そこで、アンガールズ田中さんが思い浮かんだのであれば、ジャンガジャンガのポーズをさせたり、野球の田中マー君が思い浮かんだのであれば、その投球フォームをさせたり、イメージを重ねます。

という事を踏まえて、また練習します。
名字を言うので、誰かを思い浮かべてください。

何でもいいのです。目の前の人、奈良さんの頭に大仏を座らせてもいいし、奈良漬けを口に放り込んでやってもいいのです。

 第1回目は名字を覚える練習をしました。第2回目の今回は下の名前とか紹介されたペットの名前などを覚える練習をします。これは前回やった音を絵に変えるというパターンが多くなります。
 これは、名字は基本的に漢字の名称を覚える方法でしたが、ここからはカタカナや英語も入ってきます。最近のキラキラネームは漢字で読もうとしても読めないですしね。
 で、これは、連想法や場所法などを使いこなすテクニックにより近くなるのです。是非最後まで練習も参加して脳トレしてみてください。映像は見なくてもいいです。大切なのは音を聞いて頭の中でイメージする事なので。
 
・瑛太(えいた)

 えいたです。英単語帳を頭に乗せてあげてもいいし、えいた君を絵にして板に張り付けてもいいですね。えい!と田んぼに投げてしまうものあり。アルファベットのAを持たせてそこからタコがぶら下がっているイメージでもいいです。タコの「た」だけもらうって事ですね。
 では、そんな感じで練習してみましょう。

・詩織(しおり)

 本にはさむしおり、4つのオリ、しおれた花、食卓の塩のビンを持ってリンゴにかける、なんてのもいいです。
 次です。ちょっと難しくします。

・陸斗(りくと)
 
 どうでしょう。陸がうまく絵に出来るでしょうか。それができればそこにどこでもドアを立ててしまえばいいですよね。陸が海に10個見えていてもいいです。
 ただ、陸は絵によっては、再現する時に丘になったり島になったり野原の野になったりするので、ちょっと避けたいところです。
 そこで音を少しアレンジするという手をつかいます。
 たとえば、リフト。りくと、と聞いたらすぐにりくと君をリフトに乗せてしまうとか、頭から空に向かってリフトが動いてゆくとか。
 または、リクルート。りくと君にリクルートスーツを着せて書類を持たせるとか。

 さあ、そんなアレンジも含めてイメージしてみましょう。

・陽菜(はるな)

・悠太(ゆうた)

いかがでしたでしょうか。
名前を覚える方法について少し分かってもらったら、あとは、練習あるのみです。
それでは!!