スタディサプリやってみた

仙人がオンライン学習を見に行く理由

最初に理由を言います。記憶術で覚える英単語」というサービスを最高のものにするためです。

それは苦手だった英語を克服した自分の体験を形にしたものです。
そして「記憶術英単語帳」という当時そんなものがあったらいいな
も形にします。

英単語さえ覚えれば長文が何となく理解できるようになり、
英語に親しめるようになります。

でも、記憶術でできるのは英単語や熟語まで。
その先は授業や試験勉強です。特にオンライン授業は重要です。

記憶術で単語を覚えた先はどこのサービスを受けた方がいか。
それを知るのも使命かと思っています。

それでこの際、記憶術ヘビーユーザーの厳しい視点で
各社のオンライン授業を見てやろうと思い立ったのです。

更に、本当に親切で顧客第一のサービスなのかという視点でも
見てゆきます。

これをまず条件に添えました。

オンライン学習を見る条件

1.無料体験があるか
2.ビデオ学習ができるか
3.無料期間脱退がスムーズか

1番と2番はオンライン授業を最大限活用するポイントだと思うので、
それはまた詳しく説明します。

3番について軽く説明しておくと、
企業側は無料体験させたら有料に持ち込みたいはず。

でも、ユーザーとしては無料でいくつも比較し、
一番良いところを選びたいところ。

本当に自分の求める授業があるのか、この先生ならついて行ける、という事を探るというのは重要だからです。

カリキュラムだけでなく、しゃべり方のくせや自分との相性、
先生の好みなども授業を好きになる要素に違いありません。

オンライン授業は長い闘いです。ここなら長く続けられそう、というのを見極めるには企業側には申し訳ないですが、抜けやすさというのは重要だと思っています。

スタサプの授業

まずやってみようと思ったのがスタディサプリです。
単純にCMで良くみかけたからですね。

では、どのようなものだったか。

黒板にチョークが特徴

まず意外だったのが、そのアナログさ。
ホワイトボードでなく、あえて黒板にチョークを使って手書き。まさに学校の授業です。

黒板授業の様子

学校では思わなかったですが、チョークで書く時の音が意外に心地よいですね。
これも狙っているとしたら、まんまとハマりました。

講師

私がまず見たのは、トップに出てきた関先生と肘井先生です。
ん~。うまい、さすが。という感じですね。

私はリップノイズがダメで、これがあるとサッと閉じます。
でも幸い、お二方にはありませんでした。
このあたりのニーズも吟味しているのでしょうか。

問題の進行は文句なしです。
学校そのままなの環境で、慣れているのでしょうね。

視点もなかなかでひきこまれます。

私の場合は自分自身がここで勉強するという事ではないので
のぞき見程度のつもりだったのですが、
面白くて最後まで聞いてしまいました。

講師全員がどうかはもちろん分かりません。

特に、見た講義は高3の先生2名で、この先生方は「先週の講義ランキング」トップにでてきますので、特に上手なのかもしれないとも思います。


※↑左上に「ランキング」とありますね

確認テスト

授業終了後に確認テストが数問あり、把握度を確認できます。

映像・音響

基本はノーカットで取りっぱなしです。
カメラワークは固定ではなく講師の動きに合わせて動いていました。

音楽はありません。
聞きづらい点は全くなく、音声は完ぺきと感じました。

字幕はありません。聞き流しにも対応していません。
必ず画面を見て音声を聞かなければいけない、まさに学校の授業です。

テキスト

動画とテキスト画面が分かれていて、授業の進行に合わせてテキストだけ下にスクロールして見てゆけます。

タブレットやPCでは横に出して見られます。

テキストはpdfなら無料ダウンロードができます。

また、冊子としての印刷物も注文できるようです。
1冊1200円(税抜き、送料込み)になっていました。

講義一覧

講義概況

対象は小学校4年から高校3年+受験生です。
その「高校3年+大学受験生」を見てみますと、各科目に加えて対策別講義がありました。

英語の17講座の中はリーディングや文法などに分かれていて、
例えば文法では24講義あります(下記)

そして、通常の授業とは別にテスト対策として志望校別、センター試験用などの講義があります。

ついでの情報

横道にそれます。
興味なくばすっとばして下さい。

英語の授業から離れてみると面白い講義が色々ありました。
たとえば「未来の教育講座」というのが講義一覧にあります。

中に入ってみると、こんな感じです。

「よのなか科」・・・面白そう。しかも59講義もありました。

で、入ってみると更に興味深いテーマがありました。
ここでは紹介にとどめますが、実際に面白かっただけお伝えしておきます。

学校についての将来像とか、将来的に役立つプレゼンとか、起業についての心得とか、宗教や命にまつわるものまで。

↓ 講座一覧>未来の教育講座>よのなか科>起業編>腕時計開発物語

この他にもいろいろあります。
とにかく付加価値はたくさんありそうですね。

学校教育全般や周囲の情報もあり、一般社会人や親にも有難いものです。

登録と解約

ここがきちんとしている事が、安心して無料体験するポイントですよね。

登録手順

無料体験は2週間です。※2020年10月時点
ちなみに執筆時点では割引サービスもあります。

その時の状況を確認してみてお得な時期を選びましょう。

スタディサプリ登録トップ
これを↑押すとこのようなページに飛びます↓。

あくまで日付はこの時↑のものなのでご承知下さい。
ちなみに、トップページは人気講義ランクの先生、英語の関先生です。

この画面の無料体験ボタンを押すと↓にとびます

ん?「学習者」でなく「保護者」なのに。
と思いながらプルダウンを見てみると、

その他があるので、そこから入りました。

で、必要項目を入力して最後に支払い情報を記入します。

一旦は支払処理をする形です。
2週間以内に解約すれば引き落とされないという方法です。

指定メールアドレスに認証コードが送られ、
それを使って最後の手続きを行います。

完了して送られた情報です。2週間無料になっていますね。

※余談/何か間違えたのか「保護者」になっていた事について

ログインボタンに触れるとプルダウンで「学習者」か「保護者」とでますが、私はどこで間違えたか「保護者」になりませんでした。

あとで見てみると、申し込みページはこのようになっていました。
本当は赤色の保護者からいくべきところ黄色からいった事になったようです。

解約手順

解約については、見どころは2点です。

解約で見るポイント

1.スムーズに解約できるか
2.解約したあとの再入会に問題はないか

特に2番ができないと本当の無料体験サービスとは言えませんので。

でも、そう簡単には解約させてくれない仕組みなのは当たり前なので
やってみますね。

2段階になっています。まず、サービスと課金を停止。そしてアカウントを廃止する、という流れです。

1.ベーシックコースの利用停止 

ベーシックコースの場合、です。通常無料体験だとここに入る人が多いのだと思います。

まず、サポートwebというページにいきます。

これはいつ何を学んだかを記録してくれているページ。
視聴時間やテストの成績が記録されています。

このページから利用照会にいきます。

「利用を停止する」を押すと、お約束の「ちょっと待った!」
があります。

でも、これをやめても再入会も普通にできますね。
その旨、きちんと記載されています。

これで課金はされないで済むようになりました。
確認画面にもその旨表示されます。

上記の処理は課金を止めて講義が見られなくなった、という状態です。

講座には出られなくなりましたが、アカウントは残っているので
サポートwebはまだいけます。

そこではこんな表示がありました。

受講可能期限というのが止めた日ですね。
注文日から2週間以内の日付がここに入れば課金されないとういう事です。

2段階で面倒と思うか、このように課金ストップされた事を
きちんと確認できるのが良いと思うか。どちらが良いかですね。

それで、いずれスタートする可能性がある場合は
このままアカウントを残しておくべきでしょう。

でも、本当にスタディサプリのアカウントを消去する場合は、
サポートWebの退会手続きが必要です。

サポートweb退会

これがアカウント情報です。登録時の個人情報が載っています。
そして、ここにアカウント削除のボタンがあるのです。

それが「スタディサプリを退会する」です。

これを押すと「ちょっと待った」画面が一度出ます。
さらに先に進むボタンがあるので、それを押せば退会処理になります。

そしてこの画面が出ます。

これで完全にアカウント削除ができました。

総論

登録時に支払い処理がありますが、無料期間内の解約自由です。
その解約面倒度は中程度で問題なし。

安心してぞんぶんに無料体験できます。
これは検討必須なサービスだと思います。

内容についてのまとめです。長所・短所という事ではなく特徴です。

ここにボックスタイトルを入力

ここに本文を入力

 

ちなみに私的な事ですが、私は大学受験で予備校に通った派です。
もし、今だったら予備校行かずにこれに入ってしまいますね。

比較的分かりやすいし親切です。再登録を待っている感じの作りです。
とにかく、見てみるとよいですね。本当に試す価値ありです。
無料体験は、こちら

以上です