きおく仙人の記憶術講座

きおく仙人の記憶術講座 第1回~第6回 場所法

場所法は記憶の宮殿、ロシ法など様々な呼び方がある記憶術の中でも一番オーソドックスな方法です。20個くらい瞬間で覚えるパフォーマンスでやっているのもこの方法です。あれは1~2時間練習すれば誰でもきますので、是非挑戦してみて下さい。

場所-1「手に覚えさせてみる」

第1回は手の形で覚える、いわば場所法に入る前の練習です。これだけでも買い物とかに便利なので是非やってみて下さい。

解説ブログ内講座ページへ

 場所-2「家に覚えさせてみる」

第2回目は自分の家の中に場所を作る方法です。記憶の宮殿でいうところの“頭の中の部屋”をまず10か所作ってみます。10個作るだけでも生活や仕事にメチャ役立つので、是非習得していただきたい記憶術テクニックです!

解説ブログ内講座ページへ

場所ー3「イメージを強くしてみる」

第3回はイメージを強くして記憶する方法について詳しく説明します。

解説ブログ内講座ページへ

場所ー4「体に覚えさせてみる」

自分の体に場所を作る”という場所法で最もオーソドックスな方法を解説します。これも便利なので体験してみて下さいね~!

解説ブログ内講座ページへ

場所ー5「長期記憶に挑戦してみる」

第5回は長期記憶を目指すために必要な事、そして場所の数を増やす体験をしてもらいます。人間は忘れて当たり前。どんな熟練者でも必ず忘れます。それを潜り抜けて長期記憶を目指すのが記憶術です。今回は、その方法についてになります

解説ブログ内講座ページへ

場所-6「たくさん覚えてみる」

第6回は頭の中の少ない“場所”を何回も使って多くの事を覚える方法を学びます。

 

解説ブログ内講座ページへ

場所法はまだまだ続きます。先に長文暗記シリーズを入れる事にしました。

きおく仙人の記憶術講座 長文記憶への道

長文暗記をするための方法です。物語法と連想記憶法をやります。場所法やっていなくても、長文記憶だけならこの回からでも入れます!

講座第7回 物語-1「物語法をやってみる」

物語法は最小の労力で言葉を順番に覚える方法です。

解説ブログ内講座ページへ

講座第8回 物語-2「物語法をやめてみる」

物語法はとても手軽ですが、落とし穴もいっぱいあります。それを確認する回となります。

講座第9回 連想結合-1「言葉をつないでみる」

ぬけや飛ばしなく確実に文章を覚える方法になります。まずは単語と単語を結びつける方法をやります。

解説ブログ内講座ページへ

講座第10回 連想結合-2「中国歴代国名を覚えてみる」

意味のない言葉を覚えるというのは、聞きなれない言葉や英語などを覚えるのにも必須なテクニックです。音から絵をイメージして言葉をつなげる練習をします。

解説ブログ内講座ページへ

講座第11回 連想結合-「100個つなげて覚えてみる」

今回はまず30個をお弟子ちゃんと一緒に。そして、残り70を自力で頭の中で映像化して覚えます。合計100の単語、やってみましょう。

⇒自力で覚えるための、100のお題はこちらです

100個の単語を順に覚えると、徐々に頭の中の映像化も早くなってゆきます。その分。印象も薄れる場合もあるので反復は必要です。でも、それが何を覚えるにも実際必要になってくるものです。